未分類

FCリアン鶴見について【試合のこと】②高学年編

高学年は毎週月曜日と木曜日
金曜日を練習日としています。

基本的には月・木曜日は基礎練習
金曜日は基礎+応用練習の位置づけで
練習しています。

鶴見校は当初スクールと月1回の
交流戦を行うことでスタートしました。
試合活動はFCコース(選手コース)
参加してもらう形をとっていました。
※選手コースの紹介は次回に。

ただ育成の観点からみても
試合をこなしていくことで
どんどんと課題が見えてきます。
そこをまた練習で修正する。
→試合をする。次の課題が見つかる。
→また練習で修正する。
それを繰り返すことで現在足りていない
部分を把握して上達のスピードを
上げていく。

同じミス、同じ失敗で頭打ちしない。
トライアル&エラーで気づきを得て
課題に真剣に取り組まなければ
ただ単に練習メニューをこなしても
どんどんと子供たちの士気も下がり
練習の質も下がってしまいます。

そのために月1回の交流戦だけでは
足りないなと思いできるだけ
毎週試合ができるように
最近は調整しています。

低学年と同じく4種の登録は
していません。
スクール生は誰でも参加できます。
育成のチームなのでできるだけ試合に
出て経験を積むことを目的としています。
当然試合は勝負事なので勝ち負けには
こだわります。
でも勝ち方、負け方が大切です。
しっかりと課題に取り組んで練習した
選手がまた課題を見つけれる場所として
試合がある。そんなイメージです。

いつものメンバーで試合ができるのも
楽しいですし練習の幅も広がります。

FCコースとはまた違った形ですが
FCリアン鶴見の取り組みです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。